文化活動部

総務部

集落が連携し魅力ある郷づくり

史跡・文化遺産の伝承・PR活動
各種交流イベントの実施
(ふれあい通学合宿・文化活動発表会)
情報誌(古市ふるさとネット)
定住促進事業の推進

史跡・景観地等の看板設置

平成22年3月、波賀野新田秋葉神社の境内に設置

以後各自治会の公民館・神社等に順次設置した。

文化活動発表会

平成15年2月にコミセン事業として以後毎年開催

平成21年2月よりまち協事業として毎年実施中

毎年2月に、コミセンを利用しているサークルの発表会を開いています。

地域の人たちも楽しみにしています。

メインには歌手や落語家、楽団等の出演もあります。

通学合宿

平成19年10月に古市地区自治会長会の主催として
古市小学校4年~6年生20名の参加により実施。
平成20年10月にまち協主催で第2回実施(参加児童21名)
平成23年10月に第3回実施(参加児童30名)
平成24年10月に第4回実施(参加児童40名)
平成25年10月に第5回実施(参加児童32名)
平成26年10月に第6回実施(参加児童37名)
平成27年10月に第7回予定(参加23名予定)

コミュニティーセンターで2泊3日を一緒に過ごし、そこから学校に通います。夜は地域の家庭を訪れて「もらい風呂」で交流をします。厳しくもあり楽くもあり、みんな大喜びです。

会報情報誌「古市ふるさとネット」

平成20年5月に第1号を発行

以後毎月発行し、市の広報誌配布時に全世帯に配布している。

ふるいち塾

平成16年6月に古市コミセンの事業として始めた塾は
まち協事業として引き継ぎ、繁忙期を除く年間8~10回
古市地区や市内の歴史や文化について開催。

実際に集落を訪問して、史跡・歴史等を学ぶ集落深訪を
実施、また、毎年1回開催している健康講座には50名
以上の高齢者が熱心に医師の説明と質疑応答で活発な塾となっている。

年間10回開催される「ふるいち塾」は盛況。地域の歴史の座学やィールドワークが組まれます。歴史や史跡のいわれが伝承されにくくなった今日、いわば「語り部養成塾」でもあります。本年2月で98回を迎えました。

俳句交流会

平成23年8月に古市小学校横の山腹に設置されていた
井関嶺陽氏の句碑を校庭の一角に移転。

翌年1月に小学校児童全員と地区の3句会の会員及び一般
住民参加による俳句大会を実施した。

平成25年1月には世代交流をかねて小学校児童が詠んだ俳句を3句会の会員が審査して表彰する俳句大会を実施した。

会報情報誌

平成20年5月に第1号を発行

以後毎月発行し、市の広報誌配布時に全世帯に配布している。